ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱の中の壊れた心 その10 『虚飾?』の箱 真面目は損か?続編

<<   作成日時 : 2005/07/13 01:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お手伝いの宿題の影響を前回書きましたが、
昨日(もう一昨日か)懇談があり、
ぶっちゃけて先生に話しをし意図するところを聞いてみました。
すると第1に考えた憶測とは違い、
何個か目にふと脳裏をかすめた憶測が1番近かったことは、
本音で言えば少し意外でした。

懇談でマイペースの娘の急な変貌を驚いた話をし、
訳を聞きその後機会があれば話しをし、
そろそろ漠然とでもどんな人になりたいかを、
娘にも4年生だから考える時期だねとも話していること。
我が家では子供が自発的に家族だからと、
仕事として何かやれることを年々増やしているので、
お手伝いとプラスアルファーは重視していないので、
できない時はできないと正直に娘が書くし、
仕事はお手伝いではないから書けないと娘が言うことも話すと・・・。
先生から本音で、
「ほんとうに真面目な子です。彼女がいて助かってます。」と返答をいただけ、
親バカの私はほっとしましたと答えた。
娘同様に案外気になっていたので苦笑したけれど、
一気に肩から力が抜けるほど安心した。 (^_^;)

そこで厚かましく聞いてみた、
どんな答えが返ってくるのだろうかと・・・、
「どうして4年生にもなってお手伝いの宿題があるのですか?」と。(^-^;)
気が小さい神経質かと思いきや、心配事なくなると担当直入、大胆不敵?
(あんだんて型等身大ロボの操縦者交代といったところですね。(^_^;) )
「お手伝いの宿題は実は・・・。」と先生から説明。
案外凄い先生なのかも・・・と思いましたが、
宿題の意図するところは、
「親子のコミュニケーションの度合いと、
 生徒それぞれののことが分かるので続けています。」との答え。
平たく言うと・・・、
どんな親か?子供の性格がどういったものか?
長い間続けているとハッキリと判るからだそうです。
そうです親の手抜きも、真面目かズルをする子供かも。

分かって欲しいと願ってはいましたが、
それを観察するためにやっているとは・・・。
始めはゴマカシからでも、
褒めれば真面目な良いほうに変わる子供も案外多いそうで・・・。
お若いのにあなた凄過ぎるかも・・・と、実のところ驚きました。 (・.・;)

人間は言葉や文字でコミュニケーションをとる動物、
それを重ねることで根気や真面目さが分かるものだとは思っていましたが、
感心というより凄いです。
あらためて手抜きしないように気をつけよぉ〜うなんて・・・思ったり。(^_^;)
確か臨時教師1年間?から、
昨年は赴任1年目の初担任であったので、
20代と若いキャシャなちょっと頼りなげな印象でしたが、
2年目は昨年と違うアナドレナイシッカリ者の先生だということをあらためて認識し、
案外これは面白い先生だとも思いました。
(「母も真面目にね。」と、気を抜けませんがね。(^_^;) )
そう言えば・・・、
仲良し学級の教師をしてたと言ってらしたのを思い出した・・・。

一緒に来て遊びながら校庭と廊下を行ったり来たりしていた娘は、
「真面目でほんとうに良い子だと心から思っているんだよ。こっちへおいでよ。」と、
先生から声をかけてもらい娘ははにかみながら隠れてましたが。(~_~;)
じっくり話しができた後で時間枠が30分もあったことを知り、
偶然なのか意図的なのかは知りませんが、
「優遇されているのは私達かもしれないよ。感謝しなきゃ。」と学校を出てから娘と話しました。

娘のクラスメイトの”虚飾?の箱”から、
娘はすっかり抜け出すことができて今回は解決し心から安堵しました。
子供が大きくなるまで、
大きくなってからも色々あるのだろうけど、
悩んだ分だけ後には必ず道は開けると信じていこう。(^_^;)
まっ、一安心。

親バカの大騒ぎでしたかなぁ〜。(^-^;ゞ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱の中の壊れた心 その10 『虚飾?』の箱 真面目は損か?続編 ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる