ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 禍福糾縄(←古い縄の字出ない :かふきゅうぼく)

<<   作成日時 : 2004/09/29 13:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

友人から送られた言葉。
”禍福は糾える縄の如し”
   災難と幸福とは、常に相伴って生ずることをいう。

好きなことわざと言っていいのか、
四字熟語と言ったほうがいいのか曖昧で、
「災いと幸せは なわれた(からみあわせた)縄のようだ」
と浅ぁ〜く意味をとらえていた・・・。

最近調べものが特に好きで、
(没頭できて色々煩わしい事を忘れていられるから。)
あらためて正確な意味を調べたら、
史記・南越伝の一節(難しいぃ〜。)
自分で現代訳にしてみたら、
今まで思ってたイメージと少し違っていて、
色々な意味にとれるから益々好きになった。
糾(あざな)えるなんて最近は耳にしないけど、
この響き好きなんです。(^・^;

”禍に因(よ)りて福と為(な)す、成敗の転、
     譬(たと)ふれば糾縄(きゅうぼく)の若(ごと)し”
                (↑古い縄の字が表示されないので・・・。)

  災いをもって福とする、
    とりはからうことも変化する、
        たとえれば縄をなうようだ

  災い手段とし福を行う、裁決も変わる、
       からみあわせる縄のようだ

解釈の違いで読む側の受け取る意味が違ってくる。
相伴って生じるからあきらめるのは嫌で、
災い転じて福と為すタイプの私には、
どちらの意味でも今の私にはピッタリだから面白いと思った、

”禍福の門なし”
(悪事を行えば災いがあり、善事を行えば福が得られる)
  禍福は人々が自ら招くものである 

と言うのも見つけ、
不幸は自分が招いている・・・、
幸せにも自分でなれる・・・、
それぞれの考え次第で禍福どちらでも招き入れる事ができる。

専門的に勉強はできていないから、
解釈の違いが大きいかもしれないけど、
ここは私の自己満足にお許しを。<(_ _)>
言葉遊び程度と流してください。

そうだよねぇ、
運命は自分で切り開く。こともできる。
色々な可能性ありなんだよねぇ。(^.^)

心のクールダウンもできたし。
友よありがとう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
実のところ・・・詳しい出典etc.は、知らなかったのよ(^.^;)
若い頃読んだ小説の中で、印象に残ってた言葉だったのです。
(大人になって、実感することになろうとは予想だにせず?)

“禍福の門なし”か・・・良い言葉ですね*^_^*
過去も未来も波乱万丈な(?!)人生だというのであれば、
いっそ、とことん幸せを追及してみるのが楽しいですね♪
(あかん・・・お気楽にますます磨きがかかるわ(爆))

こちらこそ、ありがとう。
ぴいママ
2004/09/30 22:03
そんなレベルの書物からとは、
私も知らなかったよ。 (~_~;
私にかかると昔の人は偉いねぇ〜と思うだけで、
重みは薄れるけどね。 (^^;ゞ

磨きかけようと思ってたのにぃ〜♪(^・^;
(すでに超お気楽ぅ〜♪)
ありがと。
あんだんて
2004/10/01 11:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
禍福糾縄(←古い縄の字出ない :かふきゅうぼく) ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる