ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱の中の壊れた心 過呼吸の発作・・・

<<   作成日時 : 2009/06/08 10:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

緊張発作を3年ほど前から起こすようになり…
その中の過呼吸…
土曜日に初めて大勢の人前で
過呼吸発作を起こした・・・

娘と先生のバレエ公演を観にいって・・・
私の左隣に座ったのが知らぬ母娘、
母は私より若い30代後半から40ぐらい、
娘は同じ歳ぐらい、
これが過呼吸発作の引き金になろうとは・・・。

いつもフィスティバルホールだとA席なんですが、
改修工事・・・、
ちょっとお値段がお手軽な会場だったので、
私達は2階のS席・・・
(S席は大抵・・・1階の前の方なんだけど)
2階席の前の方怖いんです・・・
高所恐怖症気味なんで実は・・・。

一幕終わり休憩になって・・・
私達は真ん中の席だったから
両側が立たないと出れない・・・
でも両側の人達・・・立たない・・・
私の左隣側は4人右側娘の隣側は8人、
人の少ない左を選び・・・
すみません。すみません。と、
何度も詫びながら通してもらうが、
前後の客席の間が狭い・・・足が通るのがやっと・・・
少しの間だけでも立ってすんなり通してくれない、
隣の母娘を過ぎその隣のおば様・・・
通してくれるどころか、
立ち上がりゴソゴソしてはじめて、
何度すみません通してくださいとお願いしても、
聞く耳持たず・・・
娘は危うく前の席に飛ばされ落ちそうに・・・
なんとかホールの外へ、
2階ロビーでほっと夕飯をつまむ。

休憩が終わり席に戻ろうと・・・
おば様はいらっしゃって、
おば様のお友達も戻っていて、
母娘もいらっしゃる・・・。

反対側を見ると二人以外
皆さんまだ戻ってない・・・、
しかも小学生のお嬢様とスリムなお母様、
私達はリスクを最小にとそちら側から、
気を遣ってくださって中腰で通りやすくしてくださる。
毎回そのお二人以外は席を立たれ、
途中からは娘の隣は帰られたので、
その後もそちらから通してもらってたのです。

娘と確かに
小声で話してはいた…

三幕始まる頃に
急なメールで慌て返信…
幕が上がり始めて焦りながら、
三幕が始まる直前でメールを鞄になおせ(^_^;
娘がこれこれと苦笑い、
確かにバタバタしました・・・。

三幕始まったとたん
左隣の母が・・・
私の顔を風がかすりそちらを見た・・・
プログラムは背もたれに当たり
私の膝から足の左側面をバサバサと
上演中に派手にプログラムは私と左の母の間に落ちた・・・
暗がりの中で周りがこちらを見た気配・・・
その母は拾いながら
何か言ったので・・・すみませんと言ったのかと思い、
私はいいえとささやき会釈・・・。

でも何か違和感・・・
プログラムで殴られかけた…?
まさかと・・・何もなかった顔してやり過ごした。

その直後コーラスが出ていらした
娘と寄り添って
生のコーラスでドレスだねと小声で言葉を交わした・・・
そのとたん
左隣の母少しこちらに身体を向きかえて
拳で私の左の二の腕をパンチ・・・!
痛いくらい殴られもの凄く驚き!!
驚きに目を見開きそちらを向くと、
「静かにしてよ!」案外大声で…
声も出ないほど驚き・・・
手が震え出した・・・
呼吸が上がる・・・
周りがこちらを見たのが気配で分かる・・・。

驚きのあまり娘と顔を見合わせたら、
娘も目を見開いて驚きの顔・・・
すごく怖いと目が訴えてる。

ほんといきなりで驚いた。
その後も威圧感バリバリで足組んで、
何度も上演中足組み替えて・・・
前に乗り出したり座り変えたり・・・
威圧してる? (T0T)
過呼吸状態になりかけ・・・、
落ち着け・・・落ち着け・・・ちょとパニック・・・、
逃げれない場所だからとうとう過呼吸に…
ヒュウヒュウと呼吸音してくるから、
またうるさいと起こられたらと泣きそう・・・恐怖・・・、
慌てて胸を手で押さえ、
呼吸回数が上がるのを抑える・・・
ゆっくり吸うのを少なめの深呼吸を何度となく・・・、
でもダメ・・・座っていながらクラクラする・・・
酸素過剰・・・医師に言われ紙袋持ってるけど・・・
バリバリ音するからぁ・・・(泣き)
娘が心配そうに・・・、
娘の方を向き吸入し・・・(拡張剤じゃないよ・・・)
でも横向きで吸入は上手くいかない・・・
舞台の音楽が派手に賑やかになったので、
最小限の動きで正面向きで吸入・・・成功・・・ほっと・・・
安定剤水無しで飲み込んで・・・

チラチラこちらを見ていたような・・・
気に入らなかったみたい
ガサガサしてると? (^_^;

終演後に…
隣の人母娘が席立って行ったから
思わずほっとして怖がったぁと娘ともらしたら、
聞こえていたみたいで・・・^^;

もう二度と出くわしたくないから
出ていくの見てた・・・確かに・・・
顔も見て覚えておいて避けたいから・・・
あの形相・・・暗闇でもの凄く・・・
威圧感も心臓痛くなるほど怖かったから
絶対もう会いたくないし・・・。

プログラム落としたの
笑ったと思ったのかなぁ…
それでなのかなぁ・・・
そんなうるさかった?
派手にプログラム落としてから怒鳴って、
注目を浴びていたのは隣の母だと・・・
思うのだけどと娘と・・・。

手が中風の老人のように震えて止まらない・・・
少し落ち着くまで座っている・・・
手の振るえが少しになり見た目には分からなくなるまで。

十分近く経ってホールの扉を出て2階ロビーに出た・・・
1階への階段の方へ向かって歩き出した所で
あの隣の母が・・・待ち伏せして・・・
こちらをにらんで腕組みしてる・・・
娘が私の前に立ちはだかる・・・
(娘が大きく見えたよ・・・)

こちらを凄い形相で…
過呼吸になってたから・・・ありゃぁ…と苦笑いしてしまった・・・
つかつかと歩み寄ってきて、
立ちはだかる娘を避けて廻りこんで私の前へ、
「なにが怖いのよぉ!にらみつけてなによ!」と…
かなり大声・・・ご本人は気付いてるのか・・・
殴ることはないでしょと私が言ったら、
「あれは、ちょと押しただけでしょ!こうやって」
同じことをしにきたから驚き!過呼吸発作になる!!
身体ずらせ逃げたら・・・腕をつかまれた・・・ (-_-;
とたんに…
痛かったか怖かったか・・・私何か言ったと思うけど…

なんか一瞬で魂吸い取られた
そんな感じが…
目の前が真っ白に
あっ…と、慌て娘の顔を見て腕をつかみ
気が付いたら
座り込んでた・・・
娘が抱きかかえるように支えてくれ、
倒れずに済んだ。

大丈夫ですか!と、男性が大声。^^;
周りがザワザワが気配で・・・
過呼吸の発作が起こるので…大丈夫ですと私説明…

後から娘にタシナメられました・・・
自分の状態大変なのに、説明・・・可笑しいって・・・
ほんとパニックてるし・・・と。

因縁つけた人…パニックです^^;
「過呼吸の発作あるなら先に言っておいてよ!」
私の脇を両手で抱えようと触れるから、
すみません!もう勘弁してください!謝り触らないで!!
呼吸苦しいから押し殺したような悲痛な叫びに・・・
パニック状態です私も、
これ以上一緒にいたら意識失いそうで・・・。
娘は冷静、
どうしたい?移動する。立てる歩ける?支えるから、大丈夫?
淡々とそれが周りの同情を・・・、
大丈夫ですかと数人声をかけてくれたような・・・、
大丈夫ですと笑う顔は引きつってたそうです。(^_^;

一階のロビーの人が多い所で、
椅子に座り込んで・・・しばらく落ち着くまで…
手だけ震えていると思い込んでる私・・・
確かに膝はガクガクしてました・・・
自分が思っていた以上に全身震えてたみたい^^;
それで大丈夫と言うから・・・
娘の呆れ顔。
淡々とお茶を鞄から出し渡してくれる。
蓋を開けようとすると、
開けてあるからそのまま飲んで、飲める?
蓋は閉めるからかしてと、
娘の冷静な対処と相反して、
どうにも私は具合悪いのが一見して分かるみたいで・・・、
母娘逆転状態で恥ずかしい・・・
笑うしかない・・・。 (^‐^;

とにかく2階からの階段の所にまだいらしたそうで、
また接触しては帰れないようになる・・・、
歩けるようになり娘に抱えられながら会場の外へ、
お母さんどこ行くの歩いては無理、タクシー乗ろう、
はい乗れる?と娘冷静。 (^_^;
タクシーで駅へ電車も座って…

ゆっくり歩き無事帰宅。

なんでしょね。^^;
でもあの方の生活には・・・脅しが当たり前みたい
でも知らなかった世界と接触は初めてで…
私の驚き以上にショックを受けたかも・・・、
2階から1階に移動の時から後・・・
どうされてたかは気にする余裕なかったので。

かなりダメージ受けたみたいなのは後から・・・、
うちの娘に、
「初めから謝ってたらよかったのに」と
怖い顔のまま言ったそうです。
でも私の娘は…
冷ややかに見据えただけ。
お母さんになんかこれ以上したら
次は殴るぞぉ・・・だったそうです…。^^;

発作で倒れる・・・3年ほど前からは、
我が家では日常のことだから、
私の状態を確認しとりあえず
ここから移動しようと
娘がものすごく冷静な対応するから
周囲にはよけいリアルだったみたいです。

1人の時でなくてよかったわぁ、1人の時はやめてよと、
娘に心配され、
娘に世話になる母・・・お恥ずかしい^^;

我慢しなくなって発作は軽くて済むようになって、
ほっと…。

自分でも人前での発作は…初めてで驚いた…
今はなんともないから、大丈夫です。
ちょっと思い出したりしたら呼吸上がる程度ですが、
吐き出さないと余計に長引く。
吐き出すことで記憶が薄れる、
吐き出し現実を認識することで克服していける。
この繰り返しは苦しいですが・・・。

幸いなこと。

土曜日の出来事で、
うって変わって
娘が私とちゃんと私と向き合うようになって、
常時目を見て話すようになった。
時には私がいい加減に聞いていると・・・
身を乗り出して目を覗き込んで話す。(^_^;
ちゃんとね。本音で話す。
子どもは変化早い・・・

これまでの娘と私の…
自分が怒られた時はもっとお母さん発作がキツかったよね
あの時は私は…そんな話とかね
娘が話してくれてる。
そんな話しを娘と涙出るほど爆笑しながら、
我が家の翌朝の風景。

隣の座席の母は・・・娘さんもいたのに・・・
最後に階段下で見た時も1人だったと、
翌日うちの娘から聞いた。
私と接触して地雷を踏んだ状態かなぁ・・・
あの母は・・・なんだか寂しい哀しい人だなぁとふと・・・。
そんなにうるさかったんだろうか・・・、
何が?本当は気に入らないのだろうか?
腕を掴まれた瞬間に・・・。
私が倒れた時に、
ざまあみろと立ち去ることも出来たのに・・・。

偶然は必然、無駄なことは無い。
災い転じて福となす。
人の振り見て、我が振り直せ。
私の生き方であり、我が家の子育て方法。

決して無理はできないから…
最近は拒絶することもある。
逃げる・・・。^^;

うちの娘は
トラブルに出くわした時は私から離れない。
お互いをガードし合おうとする・・・
息子もそう。
息子はガンダム化するかも。(^_^;

帰宅後にコンビニでクジを引いて、
ミニ雪見大福が当たったと息子、
娘、お兄ちゃん食べる?
息子、いやいらんよ。
娘、お母さんに置いといてあげよう。
冷蔵庫前の子ども達の会話・・・。
(嬉しいぃ〜雪見大福は私のなんだぁ〜♪)

まるで娘が病気の時に、
ちょっとでも楽しみにと思いやる親の会話みたい・・・、
親はおやぁ〜?どちら?
最近・・・
我が家はお母さんが一番手が掛かると。
そう言われること・・・、
この思いやりに私は甘んじて生きよう。
老後心配を掛けないように、
基盤をつくれる努力をしよう。

禍福糾縄・・・
娘と私のよりシッカリと切れぬ絆という縄が、
確かにトラブルだけど・・・教訓となり、
私達には必然であったのだろうと思うのです。

何事もポジティブです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱の中の壊れた心 過呼吸の発作・・・ ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる