ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱の中の壊れた心  多重人格振り分け機能

<<   作成日時 : 2009/06/05 11:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

これはある人にメールで説明したこと・・・
私が対処能力と順応性が高い現実は…
多重人格的な特性を持つから…

人は内面が一つでないことに気付かなくて
私の本当の姿が読めないから
多重人格の束ね役の表面的ないつも笑顔の私を
ポーカーフェイスと…そう呼ばれる・・・。

私…嘘が苦手…
どれも正直な私…
自分を隠しはしない、ただ・・・出さないだけ、
適材適所…TPOによって
自動役割分担機能が働く…。

子どもの頃から抑圧されていた私が…
上手く生きるために得た特性、
小さな頃に構築されたこの機能・・・、
それがこの20年・・・
機能不全を起こしその影響で身体が壊れ始め
特に父が脳梗塞で緊急入院してから
機能停止・・・緊張発作を起こし始めた。

自律神経が壊れ・・・そのことにも気付かず
誰に相談できることも無く・・・。
勿論母になど理解不能、
相談できる人はいない・・・

夏場は血圧が低下し倒れる・・・
外に出れないから始まり、
緊張発作を起こし意識を失うことが何度も、
なんとか動けるようになり自転車で病院へ、
(歩くことは自殺行為・・・ふらつく自転車の曲乗り運動神経に感謝・・・)
時々肩や腰の筋肉が度を越した緊張状態・・・
外科でブロック注射を打つ・・・
心臓に負担・・・
疲労は一足飛びに過労になる・・・、
時には瞬時に過労・・・、
胃潰瘍になりかけ、
緊張発作が何度も・・・
歩くだけで息切れ過呼吸でめまい意識を失いかける
心臓に痛みが走る・・・心筋症の症状まで・・・。
胃潰瘍をしょっちゅう起こしかけるのに、
体重の増加と浮腫み・・・
細胞全てに水が溜まっている状態から、
利尿剤を飲むと30分で2〜3キロ減る
浮腫みと脱水・・・毎日繰り返す・・・
細胞・・・心臓も例外ではないから弱る・・・。
婦人科で検査を受け基礎体温を長期に測ったり、
無排卵月経・・・ホルモンバランス異常、
だから微熱がよく出てる・・・
運動が禁止され
電車や徒歩での移動が困難となり
車での移動が主に・・・
人の普通の生活すら不可能に。

ホームドクターが私の内面に気づく、
ストレスが原因で全てが起こっていることに
ストレスを取り除くことから始めよう、
手遅れになって
今、子どもを残し死にたくはないでしょと・・・。

ストレスは何か・・・?
考える(一応ね)・・・明白じゃないかと。
一つは厳しい結婚生活・・・、
でも一番のストレスは母と兄、
この3年で思い知った・・・、
目の当たりにした子ども達も
母と兄の行動言動は私に理不尽だと。
これまで事勿れで来た私が、
一昨年末から少し初めての反抗期迎え、
昨年末には子ども達が反抗してよい!と・・・、
母と、特に可哀そうな兄に絶縁宣言。

支えてくれる人がこの1年いてくれた
そのことが大きい・・・。

これまでは多重人格振り分け機能
上手く作動しなくなっていて、
それが最近
正常作動まではいかなくても…
誤作動ありでも
また作動し始めた…

感受性…敏感体質…
本来感応能力が高い
この特性は生きたままだから
多重人格振り分け機能が動かないで、
ダイレクトに心に傷を負う・・・
だから…心身が弱った…。

抑圧されて殺してきた心も部分が解放され…
二十年・・・止まったままだった…
私の特性・・・それが機能し始めた

歳月は止められない
年齢は重ねてきた…
今年末で45歳になる自分でも驚かされる
二十年止まったままの自分が存在する…
それが
解放された…
二十年…いや…
目覚める前のもっと前から…
実家で表面化すれば・・・その危うさから分割され
封印されていたもの…
私の実年齢には全くそぐわないものが
今になり…解放された

重ねた年齢は伊達ではなく…
ここでの二十年が幼少期からの抑圧により圧力をかけて
頃合の強かさが生じている…

冷静と情熱の間を、
切り替えの必要無く、
両極端であることを
無理なく楽しめる。

なぜら
管理者のように
第三者的に
客観視する私…

情の恐ろしく深い自由奔放の炎のような私と…
見事なまで客観的に
ダイヤモンドの心と言われる
ポーカーフェイス以上に痛みを感じない
遠慮の欠片も無く人を冷静に情報分析する氷のような私と…

炎を消さない…
氷を溶かさない…
炎と氷を融合させない・・・相殺しあうから・・・
ダイヤモンドは炎で炭と化し・・・氷は解けて炎を消して・・・
人格が消滅する
だから…
管理者が同時に存在…

炎と氷は…本来2つで一つ
相反しても共存しているようで
2つであることでバランスを保て安定…
幸い氷はまだ覚醒していない…はずだった・・・

氷を完全覚醒させこれを全面に出せば…
強かに生きるのは間違いはない。
炎は劫火となる可能性も・・・
…優しさは…薄れる…間違いなく…
誰も知らない別人…
でもこれが私の本質であったのかも。

管理者…
母であるから抑制され冷静を保て的確なまでに
状況や情報を分析し考え処理をしている…
本来の束ね役の私であるポーカーフェイスは、
この一部みたいで…
管理者として二十年で育成されたそんな感じ…。
これには心がある
心が傷つかないように保護する慈愛に似た・・・。

解放され面白いと感じる
不思議…楽しむ私…

私のバランス…

私は役割分担だから何事も
気楽に楽しむことがたぶんできるように…
安定した管理者が現れたからなのか…
自由奔放なのが解放されたからか…

普通の人から見れば、
私は元々壊れているのかも
多重人格的…
でも
多重人格的…が
私にはあたりまえ
それが私…
これが無くなる…
私には壊れてしまうになる。

身体という器が壊れて
特殊で厄介な精神が
本来納まる場所に余裕が無い…
バランスが悪いから
身体が…精神が…パニックを起こす。

我が家で一番、
お母さんが手が掛かる
息子が、娘までが言う訳…。
器が壊れてること・・・
壊れても助けは居ず
拠りどころがないこと・・・
子ども達が私をバックアップ・・・。
自由に生きろと。
それで離婚ということに、
幸なことなのか・・・生活は変わらず・・・。

生ぬるい・・・ふやけた生活と人には映るのかも・・・。

最近
パンドラの箱まで…開いて…
今では私の中はお祭り騒ぎ

情深い自由奔放の炎と…
客観的で痛みを感じない冷静に情報分析する氷と…
このバランスは
あるがままでよいか…
考えなきゃ…。

そう思ってんだけど・・・
氷も炎と同じだけ覚醒してしまって、
涙は・・・氷に変わってしまう。
管理者は・・・それで良かったのだと微笑む・・・。

ポーカーフェイス・・・笑顔から・・・微笑むだけに
どこかで・・・
大人になったのかなと笑い泣き・・・。

自己防衛本能から構築された・・・
私の心を守る鎧・・・、
多重人格振り分け機能・・・正常作動開始・・・。
また一歩・・・進めただろうか・・・

私のリハビリ・・・
壊れないためには・・・書くことしかしらないから・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱の中の壊れた心  多重人格振り分け機能 ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる