ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱の中の壊れた心 書く痛み・・・読む痛み・・・

<<   作成日時 : 2009/06/16 16:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

書くことで吐き出す。
なぜ書くか?
吐き出すことでよい子を辞める。
泣いてもよいのだ泣けるところで、
恥ずかしいとか悪いとかそんなこと気にしないで、
泣きたい時はなきさい。
主治医の言葉。

人の目を気にし過ぎて・・・
壊れていく自分。
本来の自分が失われていく・・・、
そのことが一番のストレス。
自我を殺して生き続けることの苦しさ。

我慢が足りないのでは?
間違っている・・・、
聞きなさい・・・、話を聞け・・・、言うことを聞け・・・、
私はあなたの幸せを一番に考えている、
子どもの頃から・・・そう私に言う母・・・、
私が事実のみ感情を入れずに話しても。
感情を入れて話すと傷つくから・・・、
事実のみしか話せない・・・
話せなくて・・・
事実も話さなくなる・・・
何考えてるか解らない子・・・と今度は。

その母は兄を溺愛・・・過保護に。
それはそれ、勝手にどうぞ、
私は私の道を探す生き方を覚えた。(^_^;
人と居て独りと感じる寂しさ・・・
ほんとに独りになる寂しさ・・・
どちらが本当に寂しいのか?

私には肉親の中で孤立することの方が痛い。
天涯孤独であったならまたその苦労もあるだろう、
でも枷をはめられ繫がれ続ける苦しさ・・・、
その枷を私の子ども達にまではめようとしたこと・・・。
私が離婚を選んだ理由の一つでもある。

『なすがまま』を途中で放り出したままだから・・・(^_^;
ブログを読むと話しが飛ぶけど、
大阪に戻ってからは・・・
そこへ3年前父の脳梗塞・・・
優しくなれない母と砂山の大将の兄。
これまでトラブルやら・・・全て私に・・・、
最悪は兄、
給料は全て遊ぶお金に、
両親の年金で養われていながら
ワンマンないや我がまま頑固な父が病になり気弱になって、
そこに付け入って老いては子に従えと吐く、
その兄の言うとおりと母・・・過保護にも限度が。
なんとかにつける薬は無い・・・。

頑固さが強くなり被害妄想が強くなる父・・・、
このままではどうなるかが・・・
私には見えて・・・毎日実家へ通う・・・、
偉そうなもの言いの矛先が私に向くから・・・。
それが兄と母には邪魔と来るな家族の問題とシャットアウト・・・
我がままが権威が振るえなくなった父は、
兄との喧嘩で怪我をしプライドを傷つけられ家出した・・・。

母に離婚届が弟夫婦(父の妹が妻)が届けに来た
私も呼ばれて同席・・・
イジメが趣味の父の妹2人が加担し、
その他(ちょっと言いにくいので勘弁)も加担し・・・、
泥沼のもがき合いが始まった・・・、
実家に住み続けながら・・・兄は逃げた・・・。

とにかく冷静に対処・・・、
弁護士に相談し家庭裁判所で調停が始まる・・・
2年・・・婚姻費用の請求と諸々だけとりあえず・・・、
その後は・・・今は止まったまま。

昨年のクリスマスイブ父から2年ぶりに電話・・・、
年賀状を出すから私の住所を知りたいと・・・。
父と話す・・・ゆっくりと感情を殺し・・・、
噛み砕くように事実を伝えた。
家庭裁判所へ持っていったのは私だと、
私が離婚することになったことも。
父は絶句して電話を切った・・・、
病状が悪化していないとよいが・・・ただ祈るだけ・・・。

それをよくやったと喜ぶ兄と母・・・、
昨年末の30日耐えかね
とうとう・・・絶縁宣言をした。

4月末に気管全体の慢性的な炎症に気付く・・・
近所のおばさんから聞いて、
その後ゴールデンウィークに母から電話・・・、
元気にしてる?といつも通り何事も無かったように・・・。
何を言ってるのか分からない?何のこと?
そう言うから年末の淡々と説明・・・、
逆ギレし始めた・・・いつものように・・・、
そして・・・、
話を聞きなさいあなたの幸せを考えて言ってるのだから!
聞きなさい!断る・・・これまでの私には出来なかったこと、
聞きなさい!!もう1度母。
お母さんの決めた通り逆らわずにしてきたけど、
お母さんの考える私の幸せは、
お母さんの幸せで、私の幸せでは無いんだよ、
だからこれからは自分で決めるから、
自分の問題を自分で解決して、
私のこどは放っておいて。そう言った。
母は・・・聞け!!!と怒鳴っていた。
聞かないなら電話を切ると叫んだので、
一生聞かないから切るよと、
私が切った。(^^ゞ

どちらも私の親なんです・・・
唯一無二の・・・。
その2人がいなければ
私は存在していない、
どんな親であっても・・・
子どもへ与える影響力は強大である。
(私でおわかりのようにね・・・。)

子どもは親の道具やアクセサリーでは無い!
思考もし心もある・・・
自分で考えもし痛みを感じるのだ・・・。

笑って幸せを出来る限りの幸せを、
時には盾となり時には戦っても、
子どもの幸せをできるだけ守るのが親だと、
この親から私はそう学んだ・・・、
よい意味からも悪い意味からも・・・。

子どものためと
子どもの全てを決めることが子どもの幸せだと・・・、
そう信じ続ける父と母・・・特に母・・・
二人が幸せでいる方法を考え忘れていた・・・。
子どもは・・・何時までも子どものままではいられない、
しらぬまに気が付いたら・・・大人になるのに・・・。

私のなすがままは・・・
ずっと前から始まっていた。(^_^;

そのことを認めること・・・
人に話せなかったから・・・、
恋愛も手離したことがある・・・。
愛している人にこの実家の重さを言えなかった・・・、
背負わせることができないと一人合点・・・、
相手には話もせずに・・・。

苦境を招いたのは私自身なんだなぁ・・・、
最近そう思うんです。
母の言いなり・・・義父母の言いなり・・・。
よい子の振りし続けたから・・・
命を削るはめになった。

その上に・・・
自分の子ども達の心の痛みに気付かず・・・
よい娘、よい嫁を演じ続けて・・・。
でも・・・良いの基準は?何?何よ??
それぞれ違うんだよね・・・対応できないよ。

子ども達が
反抗期したら許すと私に促がした。(^_^;
反抗期真っ盛り中の子ども達が。
(親子逆転・・・いつの間にかシッカリ親をサポート・・・情けなぁ・・・)

書くことに痛みは無い
淡々と吐き出せるから楽になる。
それを見せる傷みはある・・・、
なぜならば、
読む人がいるから。
読み手の心が痛むから。
読む人が優しければ優しいほど・・・
私の書いたことで・・・傷付ける。

これまで書かなかったことを、
今頃書くことで・・・私を気遣い・・・
また
読んで心を痛める・・・。
ごめんね。

でもよい子ではもういられないんだぁ。
不良主婦は不用主婦となり、
あるがままに生きて良いよと元主人からも言われ、
やっと私らしく生き直してるから。

10年前手術の後目覚めた時に、
だれも付き添いがいなかった時・・・、
医師や看護婦さんの温かさがありがたい反面、
肉親の情の薄さに傷つき・・・、
他人の温かさが大きいほど痛くて・・・
涙が止まらなかった。

でも最近思うこと・・・
変な人に(両親、元?義父母やら、元主人も含め)出会う確率高い。
とてもとてぇ〜もね。
でもその反面、
初対面の人出会っても他人から気遣ってもらい、
温かさを与えられることの確率も高い。

遠くの何とかより、近くの他人。
私は恵まれているとそう思うんです。
天涯孤独よりは苦労は少なく恵まれて、大人になって、
でもそこに存在しないもの・・・無いものは無い。
無いものねだりはしないタイプだから、
あるがままで生きることを選んだ。

少々の痛みは生きている証拠。

時間は限られている楽しまなくてはね。
中学時代からの友人の言葉。

限られた時間だから、
私には何が苦なのか?
考えた。
それだけなんです。

読んでくださる人へ
私のために・・・どうか心を痛めないでどうか。
ごめんね。
書ける間は大丈夫です。
それを公開できるほど元気です。
私はありのままで幸せだなぁ〜と思うんです。(^^ゞ

心から感謝を込めて・・・
温かいお心遣いをいつもほんとうにありがとう。
心にしっかりと届いております。
私は恵まれていると。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱の中の壊れた心 書く痛み・・・読む痛み・・・ ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる