ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS コップ半分の水をどう感じるか?(友人のコメントより)

<<   作成日時 : 2008/06/17 11:25   >>

トラックバック 0 / コメント 4

コメント欄で友人といつもやり取りしていますが、
(他の友人はそれを読んで別便だったり(^_^) )
思いが同じ、もしくは近い感覚を持っている人達、
縁あって仲良くなり生涯の友?(嫌と言わないのよ。)
私にとってとても心地良い関係を築いてくれる人々。
一瞬だけ、接触と言えるのか?
そんな関係も存在して、
後者は私が気付く時も気付かない時もある。
気付いていても忘れてしまったり・・・。
感じ方、感性の違いで人生は大きく違うのだろうと思う。

コップ半分をどう感じるか
少ないと感じる人は、ありがたみが薄いんだろうねと思う。
満たされていることが当たり前ではない、
注ぎ足さなければ満たすことはできない、
注ぎ足すためにはまず水を手に入れなければ、
水が無料では手に入らない時代、
努力して稼がねば。
奇特な人がくださることもあるけども、
無防備に知らない人からいただくのも怖い時代・・・。
やはり自分で。

もっとありがたみなんて言葉すら知らない人は、
誰かが一杯になるまで継ぎ足してくれると分かると、
コップ半分の水・・・もっと欲しいダダなんだから、
沢山入れてもらおうと大きな入れ物に水を移して、
こんなちょっとじゃない少なすぎるから、
一杯は一杯同じと言う・・・。
「一杯にすると言った」当たり前の言い分だと、
それに賛成する人が多いと常識だと言う。

自分の置かれた状況を見失ってることに、
気付かない悲しい人達・・・。

欲深いのだろうか?
いや・・・、
満たされるという幸福感を味わったことが無い、
達成感や味わって食べた後の満腹感や、
ささやかでも本当の幸せ感を知らないのが理由なんだろうと思う。

親の言いなりになったという理由。
言いなりにしようとしたのは確かに親、
でも言いなりになったのは自分ではないか、
逆らうこともできたのに、
逆らい方を考えなかった、
子どもだから逆らえないまでも、
上手く逃げる方法は少しづつでも考えれたはず、
そう言いきれるのは私はそうしてきたから、
記憶する限りでは幼稚園の頃から。

物心つく前から本能的に親の本心の部分を感じ取ったから、
だからそれなりに上手く立ち回り方を見出せたのかもしれない、
親は私がどんな人間なのか解らないまま、今も。
自分たちが理解できない子だから、
『悪い子』とレッテルを貼った。

私の子どもの頃から・・・、
私の偏見のある感覚では、(^_^;
私というコップに水は、
いつも半分を超える量は入れられる事はなかった。
飢えない程度という表現が解りやすだろうか。 (^-^)

兄というコップには、
溢れても溢れても?
どれだけ注いでも一杯になることは無く注ぎ続けられた。
それでも兄は足らない、少ない、
妹に今入れたから次は自分の番だと理由をつけて。
親は兄の顔しか見ないで喜ぶならと注ぎ続け、
兄が両手で持って差し出すので
親は兄のコップは見えなかったのか・・・見なかった。
兄のコップは割れていたのかも知れない・・・。
こぼれる水の感覚を知っていたのは兄、
こぼれる水を見なかったことにしたのも兄、
それに気付いた私を意地悪だと言ったのも兄。

兄の言い分を信じたのは母、
私を嘘つきだと言い続けたのは母、
母の言うことを信じたのは父、
私に嘘は無いことを知っていたのは父、
それに気付いている私を威嚇したのは父、
兄と母に深く関わろうとしなかったのは父、
父にも母にも兄にも、
あえて反論しなかった、することを辞めたのは私。

弟はそんな両親と兄と、
そして私を見て育ち、
「あなたはどんな大人になりたいか自分で決めなくては。」
そんな私の言葉をずっと考えて大人に成った。

「あなたはあなたなんだ。あなたは、どんな大人になりたい?」
母方の祖父母が私に言った言葉。
私を知り尽くしていて信じてくれ、問いかけた言葉。
弟も私を信じてくれていたから理解できた言葉。

人はそれぞれ、
例え親であっても兄弟姉妹であっても、
それぞれの生き方は違う。
選択肢は見ようとしないと見えないけれど、
選ぶのは自分。
大人に成ってからの人生に、
子どもの頃みたいに親はドップリ干渉しない。

子どもを自分たちの言いなりに育てたい親は、
子どもを思い通りにしたいのであって、
大人になってしまった子どもに興味は無い、
大人になるまでは責任と投げ出す。
「大学まで出したんだから」
「成人したんだから」
大学出たのは子ども、
成人したのも子ども、
援助したのが親という話しなのに・・・。
親もコップも割れていたのか・・・満たされていない・・・。

コップ半分の水・・・入れ物を変える、
ここまでは正解だと賛成する。
満足できない人達は、
自分自身の楽しみ方を知らないから、
入れ物を間違えているのだろうと思う。

私は、
ママゴト遊びのように、
綺麗なガラスのお猪口や、
ショットグラスなど小さなコップに、
何度も移し変えて、
光にかざしてキラキラ輝くグラスを見たり、
大人がお酒を飲むような真似をしたり楽しみながら、
味わいながら飲む。
何杯もの美味しい水を味わえる。
私は私を信じてくれる、
母方の祖父母や近所の少数の大人に、
そんな楽しみ方を教わった。

コップ半分の水をどう感じるか?

私の友人達は、
コップ半分の水を共に、
ママゴト遊びで付き合ってくれるからありがたい。
それぞれのコップ半分のお水と、
お気に入りの小さなコップを持ち寄って、
分かち合う楽しみも味わいながら。
コップ半分の水は人生の半分を潤し満たしながら。

楽しみや幸せは自分で探すもの、
幸せの基準は自分で決めるもの。

コップ半分の水は・・・沢山の意味を持つのだと私は思う。



カクテル・パーフェクトブック―定番からオリジナルまで有名ホテル・バーの味とレシピを楽しむ! (実用BEST BOOKS)
カクテル・パーフェクトブック―定番からオリジナルまで有名ホテル・バーの味とレシピを楽しむ! (実用BEST BOOKS)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
(^_^; 懲りないやつ・・・。
スパム防止の攻防戦ですかね。
キーワード検索で、
自動書き込みなんでしょうかね。
何とかに着ける薬は無いと言いますが・・・。
IPアドレス 220.150.31.57
東京 渋谷 フリービット株式会社と・・・、
フリービット(株)が管理運営する
IPアドレスを利用した
ユーザによる迷惑行為に関して
対応させていただく受付ページから、
報告させていただきましたが。

1度目は・・・、削除、
2度めはからは、対策を考えます。(^_^)

変なやつは絶対に消す、
変なコメントは削除がここの基本です。
あしからず。
ここの主 あんだんて
2008/06/22 05:17
嫌だと言わないでは、私のセリフ
拙いコメントで表現しきれない分を、
ちゃんと書いてくれてありがとう♪

空っぽは、のどかわくかな?だけど、
満杯だと、こぼしそうでもったいない
あふれちゃいそう?の心配も無く、
そそぎ入れられる楽しみもあるから、
私には、半分がちょうどいいみたい♪

ぴいママ@亀レスごめんね
2008/06/22 20:47
ぴいさんの言いたいこと、
私と同じ思いで、
こんな感じなんだろうなぁ〜と。

私たちには、
そうよね半分が丁度良いのかも。

水は、
時にはお米から出来たのやら、
麦からやら、芋からやら。(^_^;
中身の問題やら。
いつでも空きがあり、注げるからね。
あんだんて
2008/06/23 19:55
先日からコメントに、
妙な内容が書き込まれておりましたが、
その後の報告。

IPアドレスからローミング提供先を経由し、
”荒らし”にあったと報告。
対処してくださいました。

フリービット株式会社様
ありがとうございます。<(_ _)>
ここの管理人 あんだんて
2008/06/24 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
コップ半分の水をどう感じるか?(友人のコメントより) ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる