ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 表も裏も含めて、自分じゃないのかなぁ・・・。

<<   作成日時 : 2008/05/28 12:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ことなかれ的な生き方が多い私・・・、
社会派的な話を書くのは、
ある意味で自分の頭の中を曝け出すことだし、
(笑って話せない真面目な部分を・・・)
私が書いたものに対する読んだ人の反応を思うと、
(意見の相違は当たり前 だから反論は問題とは思わないが、
 私が書くことに関連することの傷を持ち苦しむ人の心を痛みを考えると・・・)
非常に書くのが苦手なんですが・・・。
なんだかまとまりも無く書き連ねてしまった・・・。


毎日 主人と子ども達が出掛けてから、
ひと時テレビを見る中で、(のん気な生活・・・)
日々世の中ので起こる事件の取材側からの詳細を見ながら、
(真実や事実の詳細は当事者にしか分からないことだと思うから・・・)
何故?どうして惨劇が起こるのか?
誰かが誰かを殺めてしまうことは絶対にダメ!!
自分を殺めることも、
自分も人だから誰かを殺めることと同じだと思う、
腹が立って時には・・・思うことと、
思ったことを行動に移すことは違いがありすぎる、
私は全く違うと言い切ります。
惨劇が毎日のように起こる世の中を不可解だなぁ・・・と、
優しくない世の中になぜ変わってしまったのか?
人が優しくなくなってしまったのは何故か?
そう思い怒りを感じたりすることもありながら、
あえてブログで書くことはなかったのだけど・・・。


一つ隣の住人が殺人と・・・、
DVがキッカケで殺人の判決と・・・、
兄が妹を・・・殺人は有罪・痛い死体損壊は無罪と言う判決・・・。
やったことは同じこと・・・、
ただ状況がそれぞれ違うというだけ・・・。
状況の違い・・・、
怒りや違和感を感じる常人にはどれも同じ惨殺・・・、
恐ろしい人として許されないことだと強く思う。

追い込まれて見えなくなっていたなんて、
殺人の言い訳にしないでよ・・・、
人を殺め許されることって無いと思うから・・・。

罪の重さって・・・なんだろう・・・、
その基準の曖昧さ・・・、
人が人を裁くことの難しさ・・・、
そのことに正解は無いことは痛いほど解る。

ただ今日は、
疑問に思ってしまったことが強すぎた・・・、
兄が妹を殺め遺体損壊の判決理由・・・。
家族が亡くなった妹を悪く言う・・・、
妹がこの殺人を誘発した可能性・・・、
殺める時点までは本人の人格・・・、
異常な遺体損壊は多重人格によるもの・・・。
生きている者を優先させる・・・、
不幸な出来事で残された遺族が生きるための決断では?
不慮の事故で誰かの犠牲で生き残った人の苦渋の決断では?

家庭内のルールが他の家庭の常識と違っていたら?
兄が正しい?妹が正しい?
家庭という密室を、
その家庭を知らない他人が、
常識的な家庭だと判断できるのだろうか・・・?
理想的な家庭に見えても、
中身は泥沼のような耐え難い家庭も存在するのに・・・。

家族の証言・・・、
それだけで罪の重さが変わってしまう・・・。
家庭内で起こった事件、
真実を述べていても言い訳となることも、
嘘を述べていても真実だということになることも、
家族の証言で決まってしまう・・・、
人が裁くことで主観の違いで判決が大きく左右される事実、
この事を恐ろしく疑問に感じ、
怖いと思ったのは私だけなんだろうか・・・。
男尊女卑の家庭だったり、
女の子を邪険にする男の子大好きの家庭だったら?

私の個人的な経験から、
(ちなみに私の育った環境での話ですが、)
その家庭の常識が多くの家庭とは異なっていて、
自己主張をする妹と、
大人の前では大人しくよく見られるように姑息なことする兄、
母親が一番大切なのは兄だという・・・、
そんな家族の意見だったら・・・?
「私の子供なら、こうあるべき。」という親の意見
それと違う考えを持ち願う子供は罪悪なのか?

表面(見た目)的なもの・・・、
裏面(心の奥底)的なもの・・・、
全てその人自身なのではないかなぁ・・・。
解離性人格障害で本当に苦しむ人がいる世の中で、
それを理由に殺人とその他の罪を軽減すること・・・、
これだけでも疑問だらけなのに・・・、
家族の証言・・・。
陪審員制度が始まる・・・、
人を裁く基準・・・、
人を裁くこと・・・、
恐ろしく難しい・・・。

自分の人生だけでも、
考え悩んで必死で一日をまた一日を生きてるのに・・・、
ことなかれ的に逃げてテレビも見なくなったり、
なんだか分からなくなって混乱してるかも・・・。

家族が家族を殺め・・・、
親が子供の命を助けるのではなく・・・、
責任を取る方法すら教えられないままで大人になる子供達・・・、
家庭が親が社会的常識を教えなくなった・・・、
恐ろしい世の中。
日本の安全神話なんて誰が言い出したんだろう・・・、
神話・・・?
この話を言い出した神になった人がいる?・・・。
無神論者の私でさえ・・・、
人が神でないことぐらいは判る、
人は神になれないから教祖様になるんだろうなぁとも思うのだけど・・・。
(話が反れていきますね・・・。(_ _; )


言葉の意味、それを発した責任、
言葉を発する時には責任を持っていれば、
大人がそれを子供に教えていれば、
それを教えられる大人が減ってしまった・・・、
噂・嘘・人を傷つける、
そんな言葉をいとも簡単に吐く人・・・、
自分の傷は大きく見えて、
人が傷つくことには気付かない・・・、
そんな人が増えてきた・・・。
私が教え切れているかという問題は別として、
子供に一般常識・一般良識を教えていない、
「うちの家ではこれが当たり前。」と大きな顔で言う、
何を教えてるのと思う親も増えてきたように思う。
(警察に捕まらなければなんでも有り?
 事件になって警察に言い訳、逆ギレする親もいるし・・・。)

自分の子供達には、
自分の言葉に責任を持って、
人への労りを持って欲しい、
目に見えるあなたも、
目に見えないあなたの心もあなたの中にあって、
その両方があって、両方があなた自身なんだよ、
自分の心の有りどころを知って欲しいなぁ、
あなたの心はあなたの責任なんだ、
それをどう考えてどういう方向へ持って行って、
どんな大人に成りたいかを考えて欲しい。
その手助けしか出来ないのが親、
その手助けを唯一出来るのが親、
時には心を鬼にし 苦い意見も叱ることもするが、
甘やかす人ではなく 子どもが心から甘えられる人が親、
子供達が無防備で心から頼て安心できる存在が親、
子供達の無防備を利用しないのが親、
(大人の勝手な都合で考えを刷り込まない)
それだけは強く思う。

産んだ食べさせた学校・塾に通わせた、
何々を買った欲しい物品を与えたそう言い切るのは、
本当は親が親として大人のして自身が無いからなのではと思う、
品物や目に見える物だけを与える、
それは便宜上言葉だけで言う親で、
本当に子供を責任を持って育てている親だとは、
私には思えない。

私は良い親?それは疑問、
まだ親業を終えてはいないから判らない。 (^_^;
どれが良い親なのかも判らないし、
良い親になる方法も解らないし、
自分の子供達にとって私は最良の親であるかも分からない。
(完璧とは言えない出来の悪い親だろうと思うけど)

子供達が大人になって、
孫達に「この親で良かった」と話せるなら、
少しは良い親だったのかなぁ・・・。

表も裏も含めて・・・、
生まれた時から私は私、
良い面も悪い面も持っているのが私、
人から見えている面も印象も私、
人から見えない部分も、
人には見せない部分もあって私自身、
私自身、
女であり、
我が親の子供であり、
妻であり、
母であり、
嫁であり、
近所の嫁の目の上のタンコブであり、
etc・・・、
何役もこなして使い分けをして生きていて、
切り離せないのが自分だと思う。

思春期のより良い親子関係―心おきなく子育てを卒業するために
良い言葉は心の医者でもある (ひと味ちがう「日本百名言」シリーズ)
思春期のより良い親子関係―心おきなく子育てを卒業するために

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
表も裏も含めて、自分じゃないのかなぁ・・・。 ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる