ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯上り、鼻血騒動〜。 (^_^;)

<<   作成日時 : 2005/10/26 11:02   >>

トラックバック 0 / コメント 3

昨夜20時45分頃、
お風呂から上がった娘が、
「お母さぁ〜ん。ティッシュ取ってぇ〜。」と叫ぶ。
また鼻血だしたなぁ〜。(-_-;)と、
ティッシュ持って対処、やれやれ・・・。
と、いつもはこれだけの話しなのですが、
昨夜は・・・。 (◎o◎; 
慌てました・・・。

「身体の大きい息子が居ないと家が広く感じてなんだか寂しいねぇ〜、
 子供2人を相手にしてると静かな時間が欲しいと思うのにねぇ。」と、
苦笑しながら夕飯を娘と2人で食べてた。
その後の出来事・・・。 

娘は時々お風呂上りに鼻血を出しますが・・・、(-_-;)
「お風呂入ったら血管膨張するんだから、そぉ〜っと鼻をかみなさいよぉねぇ。」
溜息混じりに苦笑し、
ブツブツ独り言を言いながらいつもと同じようにリビングへ戻ってきた私。
(主人から帰宅すると電話が入る。)
娘は身体を拭きパジャマに着替えて、
いつもは髪をドライヤーで乾かしてリビングへ来るのが多いのだが、
昨夜は、
私がリビングへ戻ったほんの数分後、
「お母さぁ〜ん・・・。」ともうパジャマに着替えリビングへやって来た。
あらまぁ今日はまたぁ〜、着替えの早いこと。
と思ってキッチンでいた私は娘の方へ振り返ると・・・。
「すごく出るぅ〜・・・。」と、心細げに笑う娘・・・、
「わぁぁ〜!凄い量じゃないのぉ!」と私も驚いた。
さっき詰めたティッシュが重そうに真っ赤?いや、やや暗赤色?
(いや、そんな分析してる場合じゃないわ・・・。)
今にも血が滴り落ちそうなティッシュ、
その上重さでティッシュ自身もボトリ・・・と落ちそう・・・。(・_・;)

慌てて椅子に座らせ、
ティッシュを取り替えようとするが・・・、
ドロリと塊になった血がドロドロと大量に出てくる!!
グワァ゛〜・・・。(ちょっと凄すぎる。焦る・・・。)
いつもと違いあまりの大量出血なので、
咽に血が入らないように姿勢を前かがみ気味にとらせ、
真っ赤なティッシュと血の塊と拭き取り、
出てくる血を素早く新しいティッシュを非常に軽く鼻に詰め、
急ぎ保冷剤を冷凍庫から出しハンドタオルで包み、
鼻血の出ている方の鼻の横へ当てる。
冷やしながら軽く小鼻を押さえ止血を試みるが、
抑えると喉の方へ鼻血が流れる・・・。
咽から口に入った血を出させて、
頚動脈を軽く押さえ血流を少しでも減らすが、
なかなか止まらない・・・。

保冷剤を娘に持たせ自分で鼻に当てるように言い、
血に染まるティッシュを交換しながら、
その合間に市の消防の救急情報サービスへ電話。
番号が思い出せないので104番でまず聞き番号をメモし、
メモを見ながら緊急情報サービスへ電話、
子供の年齢と状況と原因を簡単に説明する。
あいにく耳鼻咽喉科の夜間救急が近隣に無い、
外科の夜間救急対応の3件病院を紹介してもらうが、
外科で処置してくれるかは各病院へ電話で問い合わせないと分からないとのこと。

湯上りで少し寒くなってきたというので、
フリースハンテンを羽織らせ私のコートをひざ掛けに。
(ごめん鼻血で忘れてたよ・・・、風邪ひくよね。(^_^;) )

血に染まるティッシュを交換しながら出血量を見る、
以前鼻の動脈を傷つけた子供の話しを聞いていたので、
(タオルが真っ赤にそまるほど、ドクドクと流れ出たと言う。)
出血量が多いが血が塊でドロドロと言うことは、
体温で固まる程度の速さで出血しているのだろうから、
止まる可能性大とは思うが・・・、
紹介してもらった病院へ、
止まらなかった場合処置してもらえるか問い合わせる。
各病院とも止血綿を詰めるぐらいしかできないとのこと、
最悪はどうしても耳鼻咽喉科でないとダメだ・・・。
主人へ今どこまで帰って来ているかの問いと、
緊急事態とだけ短いメールを送る。
(文面でニュアンスで、事態の程度を最近は理解してくれるので。(^_^;) )

鼻血が出だしてからすでに30分は経っている・・・。
かなり出血量は減ってきているが、
やはり出血が止まらない場合は耳鼻咽喉科でないとダメだ。
高速を使えば半分の時間で行ける範囲、
ここから車で1時間の範囲の耳鼻咽喉科がある病院をもう1度、
救急情報センターへ問い合わせる。
14年近く前に息子が喘息で夜間救急で行った病院が、
22時から翌0時30分まで耳鼻咽喉科の先生が入ることを聞く。
止まらないようなら、
22時まで20分ほど今から行けば丁度診てもらえる時間だと、
2度の問い合わせに消防の方も気遣ってくださる。(ありがたいです。(;_;) )
病院でも消防でもどのような対処をしているか聞かれたが、
対処方法は良いと言われるとこんな慌てている時は少しほっと落ち着く。
小学校での救急救命法の講習で教わっていたので役立った。 <(_ _)>

出血量が半分以下に先ほどから減ってきているから、
あと10分間で最悪かどうかは判断できる・・・。
主人が帰宅、
鼻血が出てすでに30分を超えたのだが、
もう10分待ってから夜間救急へ行くか判断すると話すと、
いつもは楽なスエット姿になるのにジーンズに綿シャツに着替え、
交換したティッシュを見ながら「止まるんじゃないかぁ。」と話しながら、
夕飯を急ぎ自分で配膳し食べ始める。

どんどん量が減りだした。
止まり始める・・・、ほっとする。
ただの大量鼻血ですんで良かった・・・、
冷え込んで来た夜出かけ風邪ひいてくしゃみが出たらまた鼻血・・・、(-_-;)
今夜は様子を見るために私の横に寝かせる。
(実は主人も私も、子どもの頃に大量鼻血の経験者。息子も経験有り。(^_^;) )
夜間救急へは行かなくて済んだが、
念のため耳鼻咽喉科へは連れて行こう。

今日は参観だから、
朝から病院へ行くのも休みたくもないと頑固な娘、
鼻を触らない、運動をしない、のぼせることが無いと、
昨夜の様子から出ないから、
娘にも注意事項を話し、連絡帳に事情を書き持たせる。

連絡帳を書いてから・・・、
先月末からまだ、
先生が集団登校に付き添ってくださっていることを思い出す。
朝バタバタして集合時間に遅れたこともあり、
走れない娘と一緒に集合場所へ行くことに、
私だけ先に走って行き、
先生に集合に遅れた事情を簡単に説明し、
連絡帳に詳しく書いたことを伝えて、
娘の到着まで時間稼ぎ。 (^_^;)

一人世話をやく相手が居ない時、
のんびりする時間が増えそうなのだが・・・、
なぜかそんな余裕の時間が余ってこない我が家。 (^_^;)
まっ、息子が修学旅行へ出かける時でなくて良かったのよね、
タップリ緊急事態に時間が費やせる時でね。
大事でなくて、大騒ぎだけで済んだし、
ものは考えようだわねぇ〜。(^・^;) あはは。

さあ、用を済ませて、娘の参観へ行く用意をしよう。(^_^;)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は参観もあり、
近くの耳鼻咽喉科が休診日であったので、
今朝、
耳鼻咽喉科に娘を連れて行ってきました。
傷が大きいとのことで、
直るまで傷が開くとまた鼻血が出るので、
薬で焼いて傷を塞いでいただき、
炎症しずめるために鼻炎の薬をいただきてきました。

幼児の頃に一度耳鼻咽喉科へ行っているのですが、
娘の記憶になくて緊張し、
じっとしてれば大丈夫だというのに、
医師の一挙一動を頭を起こして見てました。(^_^;)
母の臨機応変な処置とは対象的な娘の緊張行動で、
診察室は爆笑です。(^0^;ゞ

医師から対処と判断は良しと言うことで、
実はちょっとほっとしてる母なのです。(^-^;)
(隠れ小心者?)
あんだんて
2005/10/27 15:40
大事にならずにホント良かった〜(^。^;)ホッ
わが家は私と娘共々鼻血は未経験。
ドキドキしながら読み進めていました(^^ゞ
どうぞお大事に。
ひおり
2005/11/02 18:15
息子はもっと頻繁に鼻血出してましたが、
量は普通。(普通ってどんなんじゃぁ〜。(^_^;) )
その代わりに、
鼻血出しながらクシャミするんで、
血しぶき状態で壁に・・・。(^_^;)
壁拭きとっても、
ルミノール検査したら惨劇のような反応でしょうか。(^-^;)
枕カバー・シーツ血まみれ、なんてのも。(^.^;

息子の時より量が多かったので、驚きましたが。(^^;ゞ
ありがとうございます。
あんだんて
2005/11/04 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯上り、鼻血騒動〜。 (^_^;) ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる