ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱の中の壊れた心  その2  箱について  

<<   作成日時 : 2005/03/19 14:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 プロローグで触れた”箱”というもの。
最近では体調不良などから、
私の日常は引き篭もりのような生活。
世間的には”殻に閉じこもる”?生活と言うのだろうか。
私の母に言わせると、私は閉じこもっているらしい。(^_^;)
世間一般では”型にはめる”という表現の出来事は、
私には頭の上から、”箱をかぶせられる”ような気がする。

たぶん横から”型にはめられる”だと、上に逃げれると私は屁理屈をこねるタイプ。
押さえ込まれることが嫌いだから”箱をかぶせられる”と感じ、
それでもって箱で掬って返されて、”箱の中に入れられた”と感じるのだろう。
”箱をかぶせられる”だけなら、下を掘って出られるじゃん。
そんな屁理屈も言う私だから、”箱にいれられた”なんだろうと思う。

 箱の種類。
細かく説明すると長くなる・・・。(-_-;)
例えば・・・、
さっき私の母は「私が閉じこもっている。」と言うことを、例えに取って説明。
母の娘とはというイメージ。
母には母の言い分が有り理解はできるが、
実は承諾できないのが私に対する”娘のイメージ”。
母は完璧主義的な”娘とはこうあるべき”というイメージを強く持っていて、
私の生き方、考え方を「こう思っているでしょ。」とか、
何も言わないうちに「あなたの考えは間違っている。」と割と言う。
母本人は私の事は全て理解していると強く反論するが・・・。
母の”理想の娘イメージ”とは実のところ、正反対だろうなぁ〜と私自身感じる。
ごめんなさい。お母さん。<(_ _;)>

そのことが30歳超えるまで言えなかった・・・。
理想の娘であるべきように、私なりに努力はしたが・・・。
やはり人間には、向き不向きというものがあるし。(^^;ゞ
少しづつ色々なことが起こり、
精神面より先に体調不良が始まり、
精神的にも今までのように生活し続けるのは無理だと感じ始め、
救助信号を自分では出していたのだが、
「○○は、大丈夫。」というイメージを私に皆が持っていて、
誰も気がついてくれるどころか、我ままだと言われ始めた。
皆のイメージの箱に入っているふりをしていたが、
入っているふりも止め、
自分の心身のことを真面目に考えることだけに専念しようとしたら、
イメージの箱から出れないように蓋までしようと、
皆に押さえ込まれるような状態になってしまった。

押さえ込まれると抵抗する。
抵抗すると攻撃される。
ストレスが知らないうちに溜まって、ある日ぶっ倒れる。
周りは大騒ぎ、遭ってはならない現実。
「どうしたの?!」と皆に連発される。
どうしたって・・・、オーバーフローしたんじゃない。(-_-;)
「あなたが無理するから!」と言うが、
無理させたのは皆じゃない、私は嫌だというのに無理に・・・。
「どうして?私はあなたのことを1番に思ってるのに!」
私の今の状態では、どうしろって言われても無理なんだから・・・。
「どうして、投げやりになるの!」と叱咤激励・・・。
すれ違いの、恐ろしい悪循環が始まる・・・。

花柄模様の箱に入っているのは性に合わないんだって、
私はブルーグレーとかアイスブルーとか淡いグリーンの、
その時々で大きさ伸び縮みする箱が良いんだって!!
と私は叫ぶ。
「せっかく私が用意したのに・・・。」と母に言われると・・・、
折れて箱を受け取ってしまう・・・。
これがダメなんだって!!と、心の中で箱持って暴れる私。
自分の心を自分で傷つける・・・、自虐的?
どうしてなんだぁ〜!!
解ってくれよぉ〜!!
私にも選ぶ権利はあるはずだぁ〜!!
嫌だぁ〜あ〜〜!! (T0T)

と・・・、受け取ってしまった箱から出る方法を考え始めた。
これが世捨て人的反抗だと皆は言う・・・。
皆というのは、
母であったり、兄であったり、義父母であったり、夫であったり、近所の人だったり。
私が”周りの皆”という表現の人達の数だけ”箱”が有ると言う訳です。

恵まれたことに客観的に観察して、
それぞれの可能な範囲でその状況に応じて対応してくれ、
温かく大らかな付き合いをしてくれる友人が私には多い。

中学時代からの友人との箱、高校時代からの友人との箱、
専門学校時代からの友人との箱、
会社勤め時代からの友人との箱、
主婦になって母になってからひょんな事から理解しあった友人との箱、
ネットで磁石にでも惹かれたように知り合い実社会でも付き合っている友人との箱。
唯一心地良い限界の無い、
互いに拒絶し合わない箱、
それぞれが別々の時もあり、くっついて一つになったり、
サイズ形が伸び縮み自在カメレオン色(色変化自由)の友人達との箱。

私の言う”箱”とはこんな感じ。
こんな説明では、まだ漠然としてる? (^_^;)
まっ私の独断と偏見に満ちた思考の大雑把な感覚です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱の中の壊れた心  その2  箱について   ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる