ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS メビウスリングかラビリンスか。

<<   作成日時 : 2004/12/18 02:58   >>

トラックバック 0 / コメント 3

今日父が着衣の誤反応を起こし始めたと電話があり、
娘と育児で格闘した日々を思い出してしまった・・・。
(今も少し格闘する時もあるけど)
そんな時、
友人のブログの記事を読んで・・・。(密かな日記なのでトラックバックは控えて)
知的障害についての話しの中で、
着衣の誤反応を上手く教えてなくてはいけないと言う話しで・・・。
友人の言うようにメビウスリングの中に、
いつの間にか気付かずに人はいるのだよなぁと私もつくづく思ってしまった。

9月に脳梗塞で緊急入院した父は、幸い視力障害だけで1ヶ月ほどで退院した。
車の運転はもちろんダメ!再発の可能性は確実に有る状態。
左脳幹の横の動脈がほとんど詰まった状態だが梗塞は止まったので、
本人の意思で他に血栓などがあるか精密検査はしないと決めたので自宅治療となった。
しかし、
その後どんな生活をしているかは私が首どころか口を挟む事ができないまま、
今日の電話で注意障害、構成失行が出てきたと・・・。
まるで3〜4歳の時のように、ボタンの掛け違えから前後逆やら着衣の誤反応。
医師から言われたように、リハビリしてるはずではなかったのか・・・。(-_-;
私が口を挟めないのは、我母と私の問題なのですが・・・。
(説明すると長いので今回は省きます。<(_ _)> )
医師が「偉い学者の人でも構成失行により着衣の誤反応が起こる。」と言ったのを聞き、
父は「偉い人でもなるのかぁ。そうかぁ〜♪」と、超お気楽反応で気にもしなくなったと。
(私のお気楽さは種類は違うが、父譲りだわ・・・。(-_-;
    そうかぁ・・・だから母は私に厳しいんだね・・・。 (~_~; )
母は困り果ててはいたが手に負えないからと、父の好きなようにさせているようで・・・。
父は毎日一日中出かけて、特にリハビリはしていないような・・・。(-_-;

私が何か言うと母は怒り出し、
「家族(父母と兄)で決める。」「私達の人生・・・」と母に言われたので、
私は黙るしかなく、その上冷たい?性格もあり口出しはあきらめた。
意見を言うと毎回・・・、私が結局は折れることになり何を言っても私の意見は見事に消滅。
私は娘だが今は別の家族を持っていて氏も違う、
母の思考的家族じゃ無い、確かにその通り・・・。 (簡単に引き下がる冷たい私。)

うちの娘の幼児期の話しで、
頑固で楽したいの罰当たりな性格だった娘は、
主人が過保護に何でもやってしまうから、日常のことを覚えようとしなかった。
着替えでボタンが面倒でしない、歯磨きも覚えない、簡単な作業順序も覚えない、
もしかして注意障害、構成失行?と悩んだ。 

娘は生まれた頃から人見知りが激しく私以外は他の人になつかない、
私が娘を取り込んでいるとヤキモチを焼き、
娘に私を信用できないと思い込ませ、私を拒否するようにすり込まれていたこと・・・。
(誰が?は今は書かない。なぜすり込みが可能だったかは”娘は賄賂に弱い性格”とだけ、
  詳細は長くなるので別のところでまたお話し。<(_ _)> )
そのせいで日常生活を教える私の言う事を無視し始めて、
あげくの果ては私より自分は特別な存在と娘に思い込ませた結果恐ろしいことに・・・。
ショックで我娘なのにまるで悪魔のように思えて、
子供は普通無条件に母親を優先的に信頼するのに・・・と情けなくて。
私も悩んで参ってたんだろうねぇ・・・、
覚えないことが生まれたときからの障害と言ってもらえる方が割り切れると、
泣いたことがあった・・・。
逆境下で娘のマインドコントロール外しの苦痛より、気持ちは楽だと思ったんですよね・・・。
五体満足で生まれて罰当たりな考えですが、
この記事の冒頭で紹介した友人に出会いそんな考えはしなくなりました。<(_ _;)>
不謹慎なものの考え方をしたと、今となっては申し訳ない。<(_ _)>
今日の電話と娘のことを思い出して、
友人の書いた記事を読んでいてふと情けない自分を思い出したの・・・。
罰当たりでごねんね。 <(_ _;)> 

母にしても父の自由と横を向いてきて、父の着替えの手伝いをする毎日となり。
私に対しとやった”娘が私を信じないように”したツケが、
後々娘の将来を台無しにすることになったことに気付き、
その人は毎日やったことの無責任さをおもい知り罪の意識にさいなまれることになり。
自分には関係ないと安易にやった事のツケが、
必ず自分に回ってくることを気付かない人達は、
気付かないうちにツケの代償を払うことになる・・・メビウスリングの中にいる。

恐怖のメビウスリングやら、ラビリンスの中でも、
それなりに楽しみ見つけて生きて行けると良いけど、
普通の人は普通ではいられなくてパニックになる。
一般的に言われる非日常が私の日常だから、
わざわざそんな非日常の世界に足を踏み入れなくても良いのにと、悲しく思うのだが・・・。
平凡な平穏な毎日は、望んでも簡単には手に入らないのに。
建設的に前向きに生きるよう心がけたいよね、こんな世の中だからこそ。

私はラビリンスの出口は見つけたのですが、
メビウスの輪を断ち切ることに四苦八苦しながら、それなりに毎日マイペースで生きてます。
色々なネタ(日常その物)が増えてきますが。 (^_^;
こんな風にボソボソっと書くことも趣味となってるし。 あははぁ。(^・^;ゞ

大丈夫ですか?悪循環のメビウスリングの中ではないですか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いえいえ・・・ぜ〜んぜん罰当たりなんかじゃないですよ
先天的なものより後天的な障害の方が、より辛いものです
それまでに出来ていたことが出来なくなっていくのだから
(私も、元々見えない左目より、右目の視力低下の方が、
 それを受容するのに時間掛かったものね)

加齢や疾病によって、出来ていたことが出来なくなっていく時に
コップの中の水の残量を見て「もう少ししかない」と嘆くのか、
あるいは「まだこれだけ残ってる♪」と感謝するのか・・・
同じ「残量」でも、受け止め方はいろいろよね
どうせ同じことなら、お気楽に楽しんじゃえ♪(開き直り?)

知らずに生涯を終えること出来るものなら、それも幸せだが
こういう世の中、なかなかそうもいかないようです(^_^;)
ぴいママ
2004/12/18 08:37
そうそう、トラックバック・・・ご遠慮なく(^_-)-☆
秘密にしときたい相手=田舎の身内だけですから(爆)
ぴいママ
2004/12/19 20:28
残りのコップの残量見て、
「この残りの量で、何か出来ることはぁ〜♪」
と、あきらめの悪い私。(^・^;

あきらめるのは簡単いつでもできるから、
若くても年取っててもできること、
納得できるまでやってみようと思うのよね。(^_^;
ただしあきらめた方が良策の時は、
あきらめ早いです。(^^ゞ
気楽に、楽しいく、同じ人生なんだもんねぇ。(^.^)/
ありがとう。

それでは遠慮無く、
トラックバックさせていただきまぁ〜す。 (^・^)v
あんだんて
2004/12/20 14:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
メビウスリングかラビリンスか。 ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる