ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 大災害の痕・・・。

<<   作成日時 : 2004/11/02 15:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日となってしまったが、新聞のインターネット記事を見て。

台風の被害があった兵庫県で、
復旧作業が始まる一方、観光が財政資源なのでと、
被害が少なかった観光地では来てくださいとキャンペーン、
市内は復旧がが進んでいないから複雑な気持ちだと・・・。
記事:http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/1101ke58210.html

出石町のテレビ映像も見た、
(報道の醜聞を目に耳にして、テレビ見ないでやろうかと思うけど見てしまう。)
何もかもが流され消えて泥以外何一つ残っていない更地になってしまった家も、
外から観光が町の財政を支えるから被害の少ない観光地は営業。
確かに複雑だ・・・。
兵庫県の台風災害では、
テレビ映像で復旧に努力する人を見て、もう1回義援金協力しようと思った。
(まだ助けは要るのだと知らせる、報道の良い力だろう。)
自分の家を片付けながらボランティアのありがたさを話し、
今度は自分もボランティアに行くと言う被災者。温かい人の心が伝わっている。
観光地で宿泊して昼はボランティアに参加する、良い意見かもしれないと思った。

もう一つ気になったのが、
やはり阪神淡路大震災で被災された方が、
画像をみて当時を思い出し体調を崩され始めた方が出ていると・・・。
記事: http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/1101ke58220.html

本人が忘れているようでも、消えない傷は大きい・・・。
フラッシュバックする時がある・・・、強烈に。突然の衝撃でまた傷つく・・・。

何もかも全ての復旧(元通り)はできないのだと・・・、
今も過去も、どの災害でも被災してしまった人は皆、
災害の傷・日常を失ったショック・復旧の疲れ・トラウマ・・・、いつまでも苦しい。
私もずっと注意を払ってきたつもりだったが、(専門家ではないから、完璧じゃないが。)
息子も3歳の時の記憶を今回の地震で鮮明に思い出したと言う・・・。
(傷が大きくなった訳ではないが、息子が覚えていた事が少しだけショックだった。)
小さな子供達も思い出す時が来るかもしれない・・・、とても切なく怖くなる。
これから先ずっと、どうか心の傷が決して広がりませんよう願う。

出来るだけ傷を深くしないようにすることしか出来ないけれど、
がんばれない時に”がんばって”は確かに傷ついた心に辛く応える・・・。
がんばれなくなったからメゲテルし、倒れてるんだから・・・。
じっと座っているだけでも、心の中ではがんばっていることもあるし。
「何か出来ることは無いか?」とか聞かれるほうが、気持ちは楽な気がする。
日常の家の中でも「お茶が飲みたい。」と持ってきてもらっただけでも、気が和らぐしね。
辛い時は誰かにすがって泣きたいのは当たり前だと思うし、
我慢しすぎると身体壊すだけじゃなくストレスから命の危険もあるし。
(普通に暮らす私の父もストレスから脳梗塞発病したし・・・。)

被災した全てを解決できる良い方法は無いけれど、
周りが今は出来るだけ柔軟な温かい大らかな気持ちで接することで、
心をこれ以上、人が痛めつけないことはできると思う。
皆が少しでも心の平穏を保つ何かが見つかれば良いのにと願う。
まずはゆっくり身体だけでもリラックスし足を伸ばして眠れる事ができればと思う。
早急には難しいんだろうけど・・・。
統括された危機管理システム
(ボランティアと協力体制含む・仮設住宅・復興支援金etc・・・含む)が有れば、
もう少しスムーズに長い避難生活を強いられずに済むのではと日が経つ毎に思う。

阪神淡路大震災の国からの支援金は最高300万円だと聞いた気がする、
税金からだから個人財産となる家屋の修繕・新築には使えないと。
その後被災した鳥取県では同じ所に住み続けて欲しいと、
県から建物家屋への支援のお金を出したと。
阪神淡路大震災からもうすぐ10年なのに、まだ建物家屋に使えるよう考慮されない。
まず住む家が無きゃ日常生活はできないのに・・・。
税金だから・・・、国民皆がこんな時は良いと言えば使えるのだろうか?

色々先日来繰り返し思っていることが記事にもなっていた。
記事:http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu04/1028ja28940.html
働きかけている人達もいるのだ・・・。でも動かない政府。
阪神淡路大震災を教訓を活かして、通電後の火災は1件も無かったそうだし。
ガス管も耐久性の強い管が敷設されていたし。
自衛隊の支援メニューも仮設テントだけでなく温泉など有り。
経験を活かす事は可能だと思うのだけれど・・・。

大きな災害で、
賃貸であれ持ち家であれ、家を無くす・・・。家財を無くす・・・。
年金で税金で同じ作るなら、こんな時に受け皿になる施設を作って欲しかった。
今言ってしょうがないけど・・・。
こんな所で嘆いていてもしょうがないけれど呆れる使い方するのに、
こんな時に役に立たてないなんて、何のために税金払ったんだか・・・。
(国民の血税だぞ・・・。)

毎回災害の被害総額を下回る国からの支援金、
確かに全額は無理だろうけど、もう少し考えて欲しいなぁ・・・。
今年の台風の災害も・・・。
記事:http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu04/1023ja28830.html

台風 災害 で検索すると今年だけでどれだけ出てくるか・・・。
台風23号の被害は近畿だけでも凄い、
被害が大きい所だけでも四国、兵庫(淡路も)、京都北部・・・。
雨だけでも年間降水量が日本は500〜1000ミリだそうだが、
もうすでに超えそうな所も多い・・・。
記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041101-00000095-mai-soci

情報収集・・・、報道に頼るしか無いのが現状・・・。
自分達の生活のため将来のために治めたお金は、誰のために使われた?
思いが大きく行き違う世の中・・・。

体調不良が治らないこともあると思うけど・・・。
なんだか、「理不尽だぁ〜!!」と毎日思う。
考えるにも動くにも、冷静に・・・。
何も無い日常であっても、怒りは怒りを大きくしパニックを起こす気がする・・・。
体調が悪い時、私は周りが穏やかな方が嬉しい・・・、
自分が怒ってる余裕はないし怒ってる人見てるのも疲れるから。
元気になってから思う存分怒ることできるし・・・。(勝手な言い分だろうけど。)

インターネットサーフィンが好きな方だが、
色々目にして私も頭の中がパニックになっているような気がする・・・。
何も出来ないからよけいに、
ふと思うことがあると、思いっきり心の中を吐き出してるし・・・。
でも書いては後悔しないように読み返し、冷静になってから書いたものを公開。
祈る事が多い・・・。(不信心者の私だが苦しい時の神頼みはする・・・。)

考えると阪神淡路大震災以来色々なことが有り、
少しづつささくれのような少しの引っかかりが蓄積して気が付くと・・・。
自律神経を弱らせてから根気が無くなっていた。
新聞を開いても文字が頭に入らなかったり・・・。
当時に戻された感じは私にもあったのだろう、
色々なニュースが目に留まれば読む、・・・疲れるほど。
誰かが閉じこもっていた私の心に、小石を投げ込んだ気がした。
何が起こっていて、何が真実で、どんな動きがあって、それが知りたいと思った。
世の中の色々な波を目にして、また命がけの努力する人達を見て、
大きな動きは同じ心なんだろうか?どうしてこんな動きができるんだろうか?
そんな関心から、知らなかった色々なボランティアの凄さと大変さも知った。
同じ場所に留まっていることは不可能・・・。すべて動いている。
たとえ過酷であろうと、それがどんな状態でも・・・。

忘れたくても忘れることが出来ないものも有るんだから、
傷痕だけ残して痛みだけが蘇るのではなく、
これだけの災害の経験を国レベルで今後に活かして欲しいと思う。
これ以上爪痕を残さない優しい日本であって欲しい、
これから大人になる子供達のためにも、
政府の人間は、国民の多くが選んだ政治家なんだから期待したいよ・・・。

子供達が大人になって作る社会を過酷なものにしたくないから、
誰かの傷でも自分の傷でも大らかな温かい気持ちで、
優しく傷痕を癒せる人が多い世の中になるように願って。
時が流れても痕は消えない、でも傷痕を薄くする事はできるはず。
今までのように自分の体調不良を理由に、
小さかろうと大きかろうと世の中の動きから、何か目を逸らしてはいけない気がして。
この数日、堰を切ったように思いを書いているが・・・、
自分の思うことを少しづつ表に出すためにブログを始めたのだから、
大人のできること、親のできること、私のできることをスローペースだけど考えよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大災害の痕・・・。 ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる