ほどよい風が好きだから♪ (^.^)

アクセスカウンタ

zoom RSS 家婦休息?で。 (^_^;

<<   作成日時 : 2004/10/12 13:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

” 禍福糾縄”(←古い縄の字出ない :かふきゅうぼく) の話しを先日。

私の人生だけを見れば、災いも福も表裏一体のように感じて生きてきたけど。
両極端の性格での主人と私、でも育だてられ方に共通点があると気付く。
そのことに気付かず子供達にも苦労をかけて、
超えなければならない問題が多い家庭を作ってしまった。
子供が問題児に育っている訳ではないのですが、 (^_^;
それどころかこの両親の元で反面教師で上手く育ったものだなぁ〜とも思う。
親の私達が問題児。 (~_~;ゞ
シビアな現実を見すぎて夢の持てない子だったらどうしよぉ〜。(-_-; 
とは思うけど彼らへの影響の結果はまだ出ていない。
この子達にはどんな大人に親になるのだろう・・・。
(形は色々でも正面きって向き合う私と子供達ですが、未来は読めない。)

子供達が幸せかと考えると、
色々な問題に直面する母を持って・・・、
”禍禍糾縄” ?
  (災いと災いは糾える縄の若く)だったら不幸だぞ・・・。
なんて考える時もあるけど、時は遅し子供に親は選べませんからね。
この親が嫌なら他を探さない限り戸籍上の縁は切れない。実質血縁は切れないですが。

体調不良やこれまでの人生での問題と向き合って来た疲れなどで、
私としては”家婦休息”(妻は静養する)とてもしたいのですが。 (^_^;
完全OFFは無理。
それなりに部分的にOFFにして。(^.^)

最近、私が子どもの頃から見ないようにしてきた肉親との問題に思いっきりぶち当たり、
私を取り巻く状況が最悪になったかと思ったけれど。
この事が主人と私の距離を縮める結果となり、
何があっても居るべくして4人は家族になったんだなぁ〜と思う。
粉々に砕いてしまった状態で何も失っていても逆にそれが動きを軽くして、
色々な問題を克服でき関係を再構築しやすくするのだと、
得した気分と心からの笑みとが生まれ打たれ強い家族になると思う。

先日、世界最強の繊維で織ったドレスを二台のトラックで両端を引っ張っても、
車が壊れてタイヤや他からも煙が出ても破れないのを見たが・・・。
我が家の糾う縄は色とりどりのこの繊維かもねぇ。 (^.^;
なんてふざけた事を考えて苦笑してました。

”禍福は糾える縄の若し”
というより主人や子供達からは、
”家婦(妻)は呆れる鯰のごとし”
 (妻はあまりに意外で、どうしてよいかわからない地震を起こすナマズようだ)
やはりそんな感じが我が家なんだろうなぁ〜。 と思う。

”変夫求方”(かふきゅうほう:変化した夫は(家族が)求める方向に)と向かってきたし。

主人と私の実家は、
”家譜糾謀”(かふきゅうぼう:家の系譜はからみあわせるはかりごとばかり)
画策ばかりで悪循環が脈々と続くが・・・。
しかし脳梗塞が起こり”家父休息”(私の父は静養中)だし。


秋と言う季節柄なのか最近考えるが多く、
言葉をもじって遊んでいるサボリが多い主婦です。(~_~;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家婦休息?で。 (^_^; ほどよい風が好きだから♪ (^.^)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる